« F902iSの使い心地(1)---なぜ、この機種を選んだのか? | Main | F902iSの使い心地(3)---携帯で音楽を聴く »

December 29, 2006

F902iSの使い心地(2)---携帯への音楽の転送について

前回は、どういういきさつでF902iSのミュージックプレイヤー機能に注目したのかを説明したところで終わってしまいました。
新しく手に入れた携帯の使い心地を書くというのも、そもそもはこのブログの投稿を継続させるという目的のだったりします。そのためには、とりあえずある程度書けたところからアップさせる、というこれまでの自分の発想とは正反対のスタンスで書いていこうと思っているのです。
そんなわけで多少細切れになるかもしれないけど続けていきます。

今回は、ミュージックプレイヤー機能の実際の使い勝手について(その1)、です。

音楽再生のためにF902iS携帯以外に要なのは、mimiSDカードです。2GBまで使用可能ということで、F902iSを手に入れてすぐに大須のドスパラというパソコンショップで購入してきました。

F902iSの使い心地(2)

今回の写真は、そこで購入したmimiSDカードです。「A DATA」というメーカーのもので、2GBで確か3980円だったかと思います。動作確認が予めされていないから安くなっているとのことですが、購入前に確認できるということだったのでちゃんと確認した上で購入しました。

音楽ファイルの転送は、Windows Media Playerを使います。WMPで予め作成しておいたプレイリストを選んで同期を実行させると、そのプレイリストに入っている曲が転送されます。今まで使ってきたプレイヤーでは、WMPを使わずにパソコンから直接ドラッグ&ドロップして転送してたので、少し勝手が違う感じです。アルバムの曲を全部とか、あるアーティストの曲を全部とか転送する場合でもプレイリストを作成してから転送する必要があります。ちなみに、プレイリストは複数選択して転送することができます。プレイリストの作成自体は、WMPで音楽を聴く時にはやっていることなので別に面倒ではないのですが、先程挙げたアルバムやアーティスト単位での転送をする際にもプレイリストを作成するのは、少し面倒くさい気がします。まぁ、アーティストの曲全部を転送するということは、容量の関係から行うことはあまりなさそうかとは思いますが……。

転送に関して、もっと大きくそして予想外の弱点は、転送するのに時間がとてもかかることです。時間を測っていないのですが、一度に3,40曲近く転送すると体感的にはすごく待たされた気分でした。あまり頻繁にはやりたくない気分にさせてくれる遅さでした。たくさんの曲を一度に転送することは今後はあまりないかもしれませんが、今までのプレイヤーと比べてあまりに遅すぎるという不満は残りました。

それでは、転送された音楽を携帯で聴いてみるとどうだったのでしょうか。それは、回を改めてにしようと思います。

|

« F902iSの使い心地(1)---なぜ、この機種を選んだのか? | Main | F902iSの使い心地(3)---携帯で音楽を聴く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38662/13250871

Listed below are links to weblogs that reference F902iSの使い心地(2)---携帯への音楽の転送について:

« F902iSの使い心地(1)---なぜ、この機種を選んだのか? | Main | F902iSの使い心地(3)---携帯で音楽を聴く »