« ルーン魂で萌えあがる~ん♪ | Main | 月に一度、「お人形」たちからの贈り物~Cutie Pai『僕のニャンコ』『おでかけまゆちゃん』~ »

February 23, 2007

期待通りの意欲作~富田麻帆『M[エム]』

 2007年がもうすぐ2ヶ月が過ぎようとしています。この時期になってようやく、今年購入したCDを紹介していくことができるようになりました。紹介したいCDはたくさんありますが、未だに「宿題」が片付いていない状態なので、少しずつ紹介していく予定です。

 さて、第一弾は、1月26日に発売された、富田麻帆さんのファーストアルバム『M[エム]』です(BROCCOLIによる、特設サイトはこちら)。1月に購入したCDを紹介したこちらの記事で、1月期のBest CDに選んでいます。今回は、CDの内容に即して、その評価の理由を説明していくことになります。ちなみに、このCDを発売してイベントも開催されていますが、2月17日にゲーマーズ名古屋店でのイベントに参加しました。そのときのことを書いた記事は、こちらです。

 もともと期待が非常に高かったのです。「Wing of Destiny」は当然のこととして(ここここここを参照)、「晴れのちハレ!」とか「MA・MO・RU!」といったシングルCDも非常によかった(こちらを参照)ので、9月16日のライブの会場でアルバムを出すと聞いて以来、非常に期待し続けていたのです。

 最大の感想は、これは以前にもふれたことがありますが(こちら)、収録曲の構成が非常に素晴らしいこと、が挙げられます。全11曲構成なのですが、収録曲は次の通りになっています。

  1. M[エム]
  2. 救世主~メシア~
  3. Message
  4. 人魚の音色
  5. No way
  6. Miss you night
  7. オレンジ色のひまわり
  8. MA・MO・RU!
  9. 大好きな場所
  10. 晴れのちハレ!
  11. Wing of Destiny
 この構成を初めて知ったとき、ずいぶんと挑戦的だなと思いました。どちらかというと既に安定的な評価を得られている、「晴れのちハレ!」や「Wing of Destiny」といった既発表曲を最後に持ってきて、タイトル曲の「M[エム] 」とか「救世主~メシア~」といったCD未収録曲を前に持ってくるところに、このアルバムにかける意欲というものを感じたのです。これらの両曲とも、ライブでは既に聞いたことはあり、いい感じの曲だということは知ってはいました。ただ、CDとして聞いた場合どうなるか、というのは、やはり別次元の問題です。そういった曲がCDの最初に来るということで、期待も更に大きく膨みました。期待が大きくなりすぎて、もしそれが裏切られたら・・・、という不安すら感じたほどです。
 実際にCDを聴いたときも、この最初の2曲でアルバム全体の評価を一気に決定付けるほど、非常に強力な印象を与えました。また、中盤の曲も、最初の2曲で盛り上がった印象を途切れさせることなく、上手く後半の曲につなぎ、そして後半は、定評あるおなじみの曲で幕を閉じる、そしてまた最初に戻って・・・、と何度聞いてもちっとも飽きない一枚のアルバムに仕上がっています。

 このアルバムでの新曲の中で特にお気に入りは、最初の3曲「M[エム] 」、「救世主~メシア~」そして「Message」です。
 「M[エム] 」は、オープニングにふさわしい気分を盛り上がるイントロ部分に、全体にあふれる疾走感が非常に印象的です。たたみけるような感じから展開するBメロから、びしっとストレートに伝えるサビへの盛り上がりが、心をグッと捉えます。ライブとかでも盛り上がること請け合いです(実際、イベントの際に生で聴く機会がありましたが、非常に良い感じでした)。作曲者は、Elements Gardenのの藤田淳平さん。富田さんの曲だと「オレンジ色のひまわり」(デビューシングル『晴れのちハレ!』のカップリング、今回のアルバムにも収録されています)も作曲されていますね。他にも、佐藤裕美さんの「暁ノ空ヲ翔ル」や「Angelica」等も作曲されていますが、こういう勢いを感じさせるタイプの曲を作るのが非常に巧いなと思います。
 「救世主~メシア~」は、無茶苦茶カッコいい曲という言葉につきます。ライブだとカッコいい振り付けとセットで印象的な曲でした。もう終わりなの?、と言いたくなるほど短い曲なのですが、逆に言うと、もっと聴きたいと思うほど、非常によくできた曲なのです。今回のアルバムに収録されているバージョンも、あっという間に終わってしまう短いバージョンです。しかし、なんとこの曲のフルサイズバージョンのシングル化が決定しています(2007年4月27日発売予定)。確かCDケースを開けたら、そのお知らせの紙が入っていて、それを見て驚いたのでした。何とも商魂たくましいなとか、最初からアルバムに入れろよとか、そういった気もしないこともありませんが、ここは素直にフルサイズ版が出ることを喜んだ方がいいとも思います。楽しみが増えたと思えばいいんです、うん。2月17日のイベントでの富田さんの発言によると、現在フルサイズバージョンのアレンジを(作編曲者の上松範康さんが)制作中とのことらしいです。
 「Message」は、前二つの曲と比べると、派手さはないものの、明るくノリの良いテンポで楽しい気分を盛り上げてくれます。前の2曲とは異なり、この曲はこのCDで初めて聴いた曲になります。アルバムの曲順及び構成から言って、最初の二曲で盛り上がった気分をこの曲が上手くつなげることができるかどうかが、アルバム全体の印象を左右したはずだったように思います。この曲は、それに上手く成功できています。この曲がそれに失敗すると、アルバム全体のイメージが良い評価にはならず、良い曲はいくつか並んでいたけれど、アルバムとしてはどうなの?、という感想に止まっていたような気がします。この曲自体は、強い印象を与えるタイプではないとは思いますが、非常に聴きやすくて印象や興味関心を持続させることができるタイプだと思います。次の「人魚の音色」に上手くつなげることができていますね。
 その他の新曲も充分聴き応えがあります。「No way」や「Miss you night」は、中だるみしがちな中盤において、富田さんの曲の中では今までにはないタイプの曲で飽きさせることなく聞かせてくれます。「大好きな場所」は、富田さん自身の作詞で、詩の内容を見て、周りの人から案外暗いねとか大丈夫とか言われた、とイベントのときに本人がおっしゃっていました。曲のタイプからそんな内面が出てきたのかとも思いますが、後半をきっちり引き締める効果を持った曲だと思います。

 ということで、一曲一曲がどれも良い感じで聴けるだけでなく、それぞれの曲のつながりも非常に良くて、興味関心が途切れることなく、何度でも聴き続けることのできる素晴らしいアルバムに仕上がっています。フルアルバムとして期待したものを、充分に応えてくれた、という点で非常に満足の一枚です。



 ひとつだけ残念だったことを言えば、限定版のDVDの内容です。G.A.Ⅱのゲームの次回作のオープニング、これはまぁ、あっても無くても別にいいです(良い感じだとは思うけど・・・)。「Wing of Destiny」のライブ映像、これは期待が大きかった分、ちょっと期待外れでした。過去2回のルーンエンジェル隊コンサートの映像を編集したものでしたが、音がライブの音声からではなくCDの曲からだったのは非常に残念でした。サビ前の「Galaxy Angel」のコールなど、非常に盛り上がる要素がたくさんあったはずですが、音声がライブのものじゃないと迫力が半減です。きっと何か事情があったのかもしれませんね。こうしてライブの時の様子が映像になっただけでも貴重だと思うことにしましょう。どちらのコンサートも参加してはいるのですが、当日は夢中で飛び跳ねていたので、全体の様子なんて全く気にもかけていませんでしたからね。光る棒の海は見ていて圧巻ですね。
 また、このCDのテレビCMもあったのですが、それをこのDVDに収めても良かったのではないか、とも思いました。しかし、それは携帯サイトでダウンロードできるようになっています。会員登録すれば、無料でダウンロードできるので、それはそれで確かに太っ腹とも言えるでしょう。しかし、そうであるなら、CMのメーキング映像とかをこのDVDに収録しても良かったのでは、とも思いました。あまりこうした映像の要素は、ライブの映像は除いて、あまり興味の無い人間ですが、富田さんのなら、そういう映像も是非見たいと思うからです。あと、別におまけのDVDとしてならともかくとして、限定版としてDVDの分にも余計にお金を払っているから(・・・ささやかな金額なのかもしれませんが)、尚更そう思うのでしょう。



 しかし、それは些細な点に過ぎません(という割には結構な量の文を書いたけど・・・)。CDの評価の基本は、あくまでもCDの曲とその構成(の評価)です。それについては充分満足できる評価を与えることができるこのCDは、きっと今年を代表する一枚になるはずだと確信しています(もちろん、これを超えるCDが出てきてくれれば、それはそれで自分にとって非常に幸福なことではありますが・・・)。





[関連記事は下のリンク(タグ)から探せます]

|

« ルーン魂で萌えあがる~ん♪ | Main | 月に一度、「お人形」たちからの贈り物~Cutie Pai『僕のニャンコ』『おでかけまゆちゃん』~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38662/14038241

Listed below are links to weblogs that reference 期待通りの意欲作~富田麻帆『M[エム]』:

« ルーン魂で萌えあがる~ん♪ | Main | 月に一度、「お人形」たちからの贈り物~Cutie Pai『僕のニャンコ』『おでかけまゆちゃん』~ »