« 小っちゃな翼でも、大空を羽ばたくことだってできるはず〜Cutie Pai〜LIVE at yamagiwasoft "777" vol.4〜 | Main | ルーンエンジェル隊プレミアムコンサート »

April 22, 2007

素敵な曲に素敵な意味が与えられる瞬間(とき)~Cutie Pai LIVE at yamagiwasoft "777" vol.4~

 毎月恒例の、Cutie Paiによるヤマギワソフトでのイベント「LIVE at yamagiwasoft "777"」に今月も参加することができました(!?)。4月は、きわサンの誕生月ということで、それをお祝いするサプライズもありました。今回も芸が細かいな、と思いました。何より、こうしてお祝いの気持ちを贈り、それを受け取ってもらえる場が存在するということが、(お互いにとって)非常に幸せなことなんだな、と改めて思いました。

 そして、そういった「きわサン、お誕生日オメデトウ!!」という側面は、僕にとっては、今回発表された新曲「小っちゃな翼」にその全てが集約されたのでした。
 というのは、この曲が歌われる前に、きわサンから曲に対する想いというか自分なりの解釈というのが語られたのですが、決して器用とは言えない言い回しながらも一生懸命に伝えようとする姿に心を打たれたのでした。その伝えようとした内容にも感動したのですが、そのことによって、これから披露される曲にとても素敵な意味が付与された、と思います。
 これによって、この曲の運命が決まった、というと少し大げさかもしれませんが、でも後から考えても、あの場であの言葉がなければ、この曲をこれほどまでに感動的に受け止めることができなかったと思います。
 曲自体の素晴らしさはもちろんあるのですが(それについては、CDを聴いての感想をかいたこちらで)、その曲を受け止める際には、その曲にいかなる意味を与えるかといった要素も非常に大きいのだと感じました。本来、それは、曲を受け止める個々人によって異なるものかとは思いますが、あの時のきわサンの発言によって、それがかなりの部分で共有され、この曲が初披露されたときに非常に一体感のある空間ができたのではないか、とも思うのです。
 そんな感動的な一曲が、きわサンの誕生を祝う場で初めて発表されたということで、きわサンに対する様々な想いもこの曲に集められたのでした。
 ちなみにこの曲、イベント本体(という言い方でいいのかな?)だけでなく、CDのサイン&握手会が全て終わったあとにも、もう一回披露されました。だから、イベントで二回だったのです。

 今回のイベントは、何より「小っちゃな翼」が最高だった、とまとめることができますが、他にも印象深かった曲も(当然)ありました。
 まずは、「ライフ」。前に見たのが、2月のヤマギワイベントだったようですが、割と久しぶりに感じますが、この曲もやっぱりいいですね。静寂な曲調の中のかすかな動きの表現がものすごく巧みに感じます。透き通るまゆちゃんの歌声に、さわやかなチッチの歌声が重なり、その中をきわサンの振り付けが冴え渡る、といった具合で、これはステージでしか見られない素晴らしさです。
 あと、「ジェニーはご機嫌ななめ」。これは、CutiePai唯一のカバー曲ではありますが、アレンジがカッコいいなと思いました。もちろん、歌も振り付けもポップかつキュートでCutie Paiらしさが出ているのですが、最近この曲のアレンジにも興味が向きました。イントロや間奏のところ(特にギターの部分)がいい感じだと思いました(・・・というか、今となっては、オリジナルがどんな風だったのかが思い浮かばないのですが・・・(^^ゞ)。  ちなみに今回歌われた曲は、ここで挙げた曲と最初の「Hello! Cutie Pai」、最後の「Yell」以外に、「キミはあたしのモノ」「僕のニャンコ」「新しい日」があったと思います(順番は、やっぱり思い出せませんでした(~_~;))。
 先月発売されたCDの二曲「cosimic少女」や「プラモガ」が今回外れているのも、よく考えれば凄いなと深読みできたりするかもしれません。これらは先月発売のCDの曲だからかもしれませんが、あれだけの名曲をあっさりと外している(かどうかは分かりませんが・・・)のも、それ以外に理由があると思うのですが・・・。もしかしたら、この二曲(のいずれかが)が登場してたら、今回の「小っちゃな翼」の印象が薄まるのかもしれないし・・・と、いろいろ考えるのも楽しいですね。


 ということで、毎回毎回その瞬間(とき)にしかできない素敵なイベントが繰り広げられています。イベント自体は、毎月毎月と続くものかもしれませんが、1回1回がその時にしか見られないものを見せてくれています。そんなことは、どこのイベントでも言える当たり前のことではないか、と思うかもしれません。理屈で考えればその通りかもしれませんが、気持ちの面で心からそう思えるイベントって、そんなに多くはないと思います。人によって、そう思えるイベントは様々かとは思いますが、現在の僕にとっては、このイベント(のシリーズ)こそがそう思えるものなのでしょうね。

 ちなみに次回は、5月13日(日)です。あまり間隔が空いていませんね。くわしくは、(ヤマギワソフトのイベント情報より)。



[関連記事は下のリンク(タグ)から探せます]

|

« 小っちゃな翼でも、大空を羽ばたくことだってできるはず〜Cutie Pai〜LIVE at yamagiwasoft "777" vol.4〜 | Main | ルーンエンジェル隊プレミアムコンサート »

Comments

よく観てくれているのね。
とても嬉しいわ。
お人形たちに替わって
お礼をいうわね。

でも

もうひとつ
このイベントには
あなたでさえ気が付いていない
小っちゃな秘密があるのよ。
わかるかしら?
ふふ。

Posted by: Red Queen | April 26, 2007 at 22:14

気が付いていない
小っちゃな秘密ですか・・・。

う~ん・・・何でしょうね・・・(^^ゞ。
・・・ゴメンナサイ、全く分かりません。
まだまだ修行が足りませんね。

ということは、
自分の知らないところにも
いろいろ素敵が詰まっているのですね。

そんなイベントに参加できて
改めて幸せだなと感じました。

おそらく、充分な答えにはなっていないと思いますが、
今回も暖かい言葉を頂いてありがとうございました。

Posted by: tanken2 | April 27, 2007 at 05:44

すこし意地悪だったかしら?
ごめんなさいね。

ヒントは
セットリストにあるの。
彼女たちも偶然
気が付いたらしいわ。
不思議だわね。
ふふ。

Posted by: Red Queen | April 28, 2007 at 02:33

セットリストに
偶然気が付いた秘密が隠れている・・・、
う~ん・・・、一日考えましたが、ダメでした、降参です。
勘が鈍くてゴメンナサイ。

もし、差し支えなければ、教えてください。
(もちらん、無理なら構いませんよ)

Posted by: tanken2 | April 29, 2007 at 03:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38662/14850946

Listed below are links to weblogs that reference 素敵な曲に素敵な意味が与えられる瞬間(とき)~Cutie Pai LIVE at yamagiwasoft "777" vol.4~:

« 小っちゃな翼でも、大空を羽ばたくことだってできるはず〜Cutie Pai〜LIVE at yamagiwasoft "777" vol.4〜 | Main | ルーンエンジェル隊プレミアムコンサート »