« ひとまず、これでも見ていただいて・・・ | Main | 発売前にチケット到着する~ん!? »

April 18, 2007

1つの通過点かもしれませんが・・・

0704_324s

今日は誕生日でした。人の誕生日ならともかくとして、自分の誕生日というのは、特に重要な日だとは感じません。それでも、最近は一年生きてこられたことを少しくらいは祝っても、罰は当たらないかな、と思い、こうして一人で宴を開きました。・・・って、いつもやっていることじゃねーかよ、といういう突っ込みが欲しい所ですね。
 やっぱり、自分にとっては、1つの通過点に過ぎないのです。


 そして、実はもう1つ大きな区切りがあるんです。


 それは、今回の記事がこのブログの100個目の投稿になる、ということです。実は、最近の投稿が滞ったのは、気持ちの問題だけではなく、100個目の投稿をどこに合わせるかというタイミングを探っていたという問題もあります。ということで、誕生日に100個目の投稿を合わせることにしましたが、土壇場になって肝心の記事の方が99個という数にそろえられなくて、いろいろ小細工をした結果、何とか合わせることができました(^^)v。でも、無理に演出するのはあまり良くないですね(^_^;)。

 それはともかくとして、「本格的に」スタートしてから数えるともうすぐ4ヶ月になります。途中間隔が空くことは何度もありましたが、それでもこうして投稿が続いているので、「三日坊主」で終わるという危険性は消えたといってよく、ひとまずブログを作るという習慣が定着したと言ってもよいかと思います。そういう意味では、1つの段階をくぐり抜けたと言ってもよいかもしれませんね。
 もちろん、自分のスタイルというものが確立されているか、というと、まだまだだとは思いますが。しばらくの間は、まだ試行錯誤が続くと思います。

 とりあえず、投稿100個目突破記念、というわけではありませんが、このブログを巡る徒然な事柄を書き巡っていくという企画を連載で書いていこうかなと思います。このブログの「始まり」をめぐることや、当初の目論見と実態とのズレ、書いていきながら変わったこと、そしてこのブログを訪れる人のことなど、主観的な思いに加えて(存在するのなら)客観的なデータも用いて、いろいろ書いてみようと思います。
 こうやって企画を立ち上げても、実際に取り掛かるまでが非常に鈍重なことは既に学習済みなので、先に一回目のお題を決めておきます。一回目は、このブログの初めて物語です。そもそもこのブログの始まりはいつなのか?それを語るだけで、充分なボリュームになりそうです。


 そして、話はまた誕生日の話に戻ります。

 1つの通過点に過ぎない、とは言いましたが、立ち止まって振り返ると、自分が現在いる場所というのは、それぞれの過去の段階から考えて、それぞれの意味で想像できていないよな、と思います。例えば、10年前には、その時点で自分がどこに進むかすら考えてもいませんでした。そして、5年前だと、まさかあの世界から離れることになるとは思ってもみませんでした。
 これだと、抽象的で、このブログとは一切関係のない話になってしまうので、もう少し、このブログで書いている内容に即して言うと、3年前だと、現在のスタイルの片鱗はチリ1つ存在しませんでした。2年前には、現在夢中になっているものの存在を一切意識していませんでした(どこかで、すれ違っていたのかもしれないけど・・・)。そして、一年前には、その夢中になっているものが、現在の形になるなんて全く分かっていませんでした。

 別にそのときをいい加減に生きていたつもりは全くありません。足りないところばかりの毎日だったかもしれませんが(・・・そんなことを言ったら、今だってそうだけど)、自分では、その時に出来るだけの準備をして、うんと悩んでそして考えて覚悟を決めて選択をして、そしてその結果に従って一生懸命生きてきたつもりです。それでも、先のことについては、自分のことも、そして周りのことも、想像の付かない形で現在が存在しています。
 そうなると結局、今そのときを大切にするしかないのかな、と思うのです。こう書くと、刹那主義に走るのか、と思われるかもしれませんが、そうではないんです。むしろ、今出来る事をしっかり考えた上で、それを充実させることによって、その先の予測困難な未来に備える、といった感じなのです。今をきちんと充実していれば、環境が変わっても過去を引きずることなく、その変化に前向きに対応できる、そんなスタンスで行きたいのです。 過去にも、そして未来にも引きずられることなく、現在の足場を固めていきながら過去や未来をつないでいきたい。だから、本当に今しか出来ないことをキチンと見極め、それを充実させる。そのためには、もっともっと賢くならないと・・・。そんなプロジェクトのための装置として、このブログも存在している・・・って、今思いついてみたりもして・・・。

 まぁ、これは僕の場合の解決の方法に過ぎません。きっと、人それぞれに抜け出す方法があると思います。自分はこの方法を信じていこうと思います、というのが、この一年の抱負になるのかなと思います。こんなこと書いて、どうなるわけでもないと思うけど、せっかく言葉にしたのだから、ブログに載せておこうと思います。

|

« ひとまず、これでも見ていただいて・・・ | Main | 発売前にチケット到着する~ん!? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38662/14774821

Listed below are links to weblogs that reference 1つの通過点かもしれませんが・・・:

« ひとまず、これでも見ていただいて・・・ | Main | 発売前にチケット到着する~ん!? »