« 素敵な曲に素敵な意味が与えられる瞬間(とき)~Cutie Pai LIVE at yamagiwasoft "777" vol.4~ | Main | 実は… »

April 22, 2007

ルーンエンジェル隊プレミアムコンサート

へ行ってきました。



 この種のイベントでは、これ以上ないくらいの良席で、目の前には(アニス役の)花村怜美さんが見えます。こんなチャンスは二度とないでしょうね(^^;;。


 内容は、ルーンエンジェル隊五人による曲が三曲(宇宙で恋は☆るるんルーン、メリーゴーランド宇宙、ハピスマ・ギャラクシー)に、それぞれのソロ曲としてアニメの方のキャラクターシングルのショートバージョン(れっつアプリコット体操FIGHT-FIGHTが止まらないナノナノなのだンス忘れましょうねヤヤヤヤヤン♪コスモスより愛を込めて)、そしてまた五人による曲を2つ(サヨナラ1分ユメ9分、と再び、宇宙で恋は☆るるんルーン)でした。

 アンコールがなかったけど、来月のサードコンサートに楽しみをとっておく、といった感じですかねぇ。


 個人的には、久しぶりのエンジェル隊で、充分楽しめました。

【ここまでは、4月22日に執筆したものを一部修正したものです】

【ここからは、4月27日に追加執筆したものです】

 後から振り返っても、充実したイベントだったという印象が残っています。ルーンエンジェル隊によるステージをしっかり楽しめたと思います。

 というのも、それまでルーンエンジェル隊の出演するステージというと、2006年4月のファーストコンサートと10月のセカンドコンサートに行きましたが、そのどちらにおいてもどちらかというとお目当てが他の歌手さんだったりする(佐藤ひろ美さんや富田麻帆さん)ので、正直言ってルーンエンジェル隊への印象ってあまり強くなかったりするんですよね。
 ただ、本来の主役であるルーンエンジェル隊の存在感が余り強くは無かったというのは、お目当てが別であるという個人的な事情だけが理由ではないと思うのです。

 それに対して、今回は出演したのがルーンエンジェル隊だけだったので、他の出演者によって存在感が弱まるということはなかったということだけでなく、それどころか、シンプルな構成ながらも充分な印象をしっかりと与えてくれました。
 余計な人たちが出てこなかった、ということが大きかったのかな?ライブ自体の進行とか、告知についてもすべて自分たちでやっていましたからね。

 この方向性でサードコンサートも進んでくれたら、きっと素晴らしいものが出来上がるのではないかと思います。何といっても、制作プロデューサーが佐藤ひろ美さんなのだから、きっと更に良い形にしてくれると期待を膨らませてくれます。

 やはり、こちらにも行けて良かったと思いました。





[関連記事は下のリンク(タグ)から探せます]

|

« 素敵な曲に素敵な意味が与えられる瞬間(とき)~Cutie Pai LIVE at yamagiwasoft "777" vol.4~ | Main | 実は… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38662/14810922

Listed below are links to weblogs that reference ルーンエンジェル隊プレミアムコンサート:

« 素敵な曲に素敵な意味が与えられる瞬間(とき)~Cutie Pai LIVE at yamagiwasoft "777" vol.4~ | Main | 実は… »