« ココハドコ? | Main | 自己紹介というのが・・・ »

May 13, 2007

涙の価値は… ~Cutie Pai:Live at yamagiwasoft "777" vol.5~

20070513050532


 秋葉原のヤマギワソフト・アニメ館4Fイベントスペースで開催される、Cutie Paiによる月1イベント、Live at yamagiwasoft "777"。今月は5月なので、当然5回目ということになります。

 また、今月はチッチの誕生月。チッチが泣くかどうか、という勝負もありました。でも、最初に会場全体で、ハッピーバースデーを歌った所で、勝負が決まりましたね(;^_^A 。
 でも、このバースデーサプライズの本当の盛り上がりは、きわサンによるチッチへのお手紙の朗読と、まゆちゃんによるバースデーソングの披露のところでした。きわサンによるお手紙は、チッチがCutie Paiに加入する経緯や、普段から仲のよいきわサンだからこそ言えるチッチの素敵なエピソードも明らかにされて、とっても胸を打ちました。チッチだけでなく、横で聞いていたまゆちゃんも感極まっていたような気も・・・。まゆちゃんによる歌も、まゆちゃんがチッチのことを思って作った曲らしい、とても暖かみのある曲でした。
 そして、今回の勝負はというと・・・、勝負なんてどうでもよくなった、という、まゆちゃんの言葉が 僕にとっては正解だと思いました(正解なんてものは、無いのは分かっていますが・・・)。だけど、その一方で、とことん勝負にこだわっている素振りを見せるきわサンも、きわサンらしいなと思うけど・・・それが彼女なりの優しさというか、何というか・・・。
 とにかく、驚く、驚かないとか泣く、泣かないとか、そういう次元を超えた内容だった、ということです。


[セットリスト]
1.Hello Cutie Pai!
2.恋の季節と君と僕
3.Cosmic少女
4.小っちゃな翼
5.プラモガ
6.Switch
7.こんなきわサンですが、ヨロシクね♪
8.Yell


 新曲の「こんなきわサンですが、ヨロシクね♪」は、きわサンが一人で歌う、Cutie Pai始まって以来の(いい意味での)馬鹿ソング。曲に入る前にコールの練習をしたのですが、そのコールの中身もきわサンらしくて、(いい意味で)いっちゃった感じです。実際にやってみても、(いい意味で)あっけにとられて、ぽか~んな感じです。
 ・・・と、「いい意味で」という言葉が連発されていますが、決して無理やりのフォローなんかじゃありませんよ。根本がしっかりしているから、こういう曲をやってもグダグダなだけで終わらないんですよね。むしろ、落差を感じて楽しめるわけです。でも、正直に言うと、(いい意味で・・・って、しつこいよっ!)完全にはちょっとついていけなかったかも・・・(というのは、イベント当日時点での感想です)。
 でも、楽しい曲であることは事実です。CDで聴いたら、また更に一層楽しめるかなとも思います。


 あと、「Switch」。この曲を再び見る事ができるとは思いませんでした。

 二人だった頃にはよくやっていた曲で、僕にとっては、「Tokyo Refrain」と並んで、マッキーの存在感を非常に感じさせていた曲でした。「Tokyo Refrain」の方は、3人でやっているのを見たのですが、「Switch」が出てくることは今までありませんでした。
 だから、もしかしたら、もう二度とステージで歌われることはないのかもと思っていました。こういう言い方が適切なのかは分かりませんが、CutiePaiの中のメジャーな曲の中で、現在の3人によって歌われてこなかった最後の一曲だったと言えるかもしれまえせん(といっても、マッキーまゆちゃんの時代のCutie Paiをそんなに長く見ているわけではない自分が、こういうことを言う資格があるかどうかは分かりませんが…)。

 そんな曲を、まゆちゃんとチッチの二人で歌います。こうなると、必然的に昔マッキーが歌っていたパートがチッチが担うことになるわけで、正直言って、大丈夫なのかという(余計な)心配も沸いてきます。イントロの所の振り付けで、まゆちゃんに抱きつくところとか、そのあと股をくぐる(と書くと凄い表現になりますね^_^;)ところとか、マッキーだからできていたと思われるような所が結構あったと思うし・・・。

 ・・・で、結果はどうかというと、まず、大きな違和感はなかったと(僕は)思います。少なくとも、「こんなの『Switch』なんかじゃない」ということにはならなかったと思います。先ほど具体的に挙げたところも、割と無難にこなしていたようにも思うし、最後まで見て、これなら十分いける、と思いました。
 現在の3人バージョンの「Tokyo Refrain」を見たときと同じような感想と言えるかな。そのときの記事が、こちらですが。ずいぶんと大げさな表現を使っていますね。思いとしては、それほど変わらないけど、「Tokyo Rfrain」での体験があったので、あのときほど思い詰めた感情は沸きませんでした。
 特に、今回の「Switch」の場合(「Tokyo Refrai」とは異なり)、マッキーの抜けた存在感をチッチ一人で引き受ける形でしたが、そのミッションを十分に果たしたと思います。位置的に、まゆちゃん、きわサンにどこか守られてというふうにも感じさせるようにもなってはいるけど、彼女は実はものすごくできる娘なんじゃないかと改めて感じました。もともと平均点が高いのですから、Cutie Paiの場合は。あまり期待しすぎたら、プレッシャーになるかなとも思っていましたが、もっともっと期待してもきっとやってくれるはずと思い直しました(でも、無理はしないで欲しいけど・・・)。
 それを踏まえて、今回の「Switch」の感想の結論を言うと、是非もう一度見てみたいということになります。そのときには、マッキーのやってきたことを単になぞるだけでなく、チッチらしさもより一層打ち出せるような形でやってほしいと思います。いままでも充分できているけど、きっと、もっとできる、そう思うのです。

 ということで、今回のイベントは、3人の個々のポテンシャルの高さ(特に、チッチ)を感じさせてくれました、それと同時に、3人の絆の深さを感じることもできたと思います。 


 次回は、6月24日(ヤマギワソフトのページだとこちら、あとCutie Pai Official Web Siteには「777イベントページ」もあります。次回のお知らせも出ていますね)。折り返し点になる次回は、CDが二種類リリースされるそうです。いつものシングルとして「雨のLove Song」というタイトルが発売されます。どうやら、今度はチッチのソロ曲のようです。もう1つは、限定40枚のミニアルバムです。そのせいか、少し間隔が空いてしまいますね。ちょっと寂しいかも・・・。


・・・ということで、とりあえず暫定版が出来上がりました。
もしかしたら、また気づいたことを書き足すかもしれませんし、別個の独立した記事にするかもしれません。
【5月13日17:29】

 そういえば、タイトルなんですが、すっかり投げっぱなしな感じになってしまっていますね。前回のイベントもそうですが、頭に思い浮かんだ言葉をタイトルにしていますので、その点をご理解ください。解説すると、・・・やっぱり今の時点では止めておきます。「涙の価値は・・・」のあとは、皆さんで付け加えてください。
 あと、ちょっと文言をいじっています。そのままでは、意味が通っていないところも多々ありましたね。ニュアンスも少し変えているところもありますが、「暫定版」ということでご理解くださいm(__)m。【5月14日7:32】

 いつまでも「暫定版」にしておくのもどうか、と思いますので、その言葉を消すことにさせていただきます。ひとまず、完成稿ということにさせていただきます。【5月16日1:50】



[関連記事は下のリンク(タグ)から探せます]

|

« ココハドコ? | Main | 自己紹介というのが・・・ »

Comments

お人形たちの曲をたくさん愛してくれて
あたしも本当に嬉しいわ。
お礼を言うわね。

もうヘッドフォンで聴いてみたかしら?
不思議な空間が見えるらしいわね。
ふふ。

Posted by: Red Queen | May 15, 2007 at 23:25

そうそう、今月の新曲、ヘッドフォンで聴くと、ヤバイですね(^_^;)。
街中で聴いていると、
様々な効果音(特に、歌いだし前のくしゃみ?や終わりの方の自転車の音)で、
思わず辺りを見回してしまったことが
一度ならず何度もあります(^^ゞ。

あと、夕食をどうしようか、と考えているところに、
「肉、肉、肉、肉・・・」というのが流れてきて、
いつもはあまり選ばない焼肉定食を食べることにしたり・・・なんてことも
(ベタでスイマセン)。
何だかんだで、この曲を気に入っているのかも・・・。

本文では、完全にはちょっとついていけなかったかも・・・、
と書きましたが、
あれは、イベント当日の勢いの凄さに完全に飲み込まれてしまった、
という事情もあります。
CDの曲の方を改めて聴くと、
やっぱりとっても楽しくて、しかも素晴らしい曲だと思いました。


そして、最後に・・・、

いつもいつも、暖かい言葉を頂いて、
僕も本当に嬉しいです。
こちらこそ、お礼を言わせてください。
ありがとうございます。

Posted by: tanken2 | May 16, 2007 at 01:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38662/15055831

Listed below are links to weblogs that reference 涙の価値は… ~Cutie Pai:Live at yamagiwasoft "777" vol.5~:

« ココハドコ? | Main | 自己紹介というのが・・・ »