« カタカナ英語だけでネイティブ英語の中に入ると…:今日のお人形さんたちのお歌の発表会によせて(前編) | Main | 煌々と照る月のように凛とした »

May 27, 2007

どんな場所で見ても、変わることなく・・・:お人形さんたちの発表会によせて(後編)

二重の意味でアウェイなイベント?

 ハイセンスな大人が集まる繁華街にある歌声喫茶で開催されたお歌の発表会の感想の続編です(前編はこちら)。
 前編でも触れたとおり、自分自身があまり目にすること無い合唱隊たちが多く出演する発表会であり、少しアウェイ感を感じつつ会場へと向かったのですが、そんなアウェイ感は自分だけの感覚ではないということを、最近いろいろとお声を掛けてくださるお人形保存会の方(・・・意味通じますよね。もっと上手い言い換えがあれば教えてくださいm(__)m)が教えてくださいました(教えていただいたのは正確には僕に対してではなくて、僕の「お友達」に対してなんですけどね(^^ゞ)。お話をいろいろ伺うについて、そして会場の中の人々を見るにつれて、いつもとはちょっと違うかも感が強くなってきたのでした。

 それはさておいて、今回は「各論」なので個々の合唱隊の歌の発表の感想を書いていこうと思います。

初めて見たアイドルユニットたちは・・・

 まずは、4つの人間の合唱隊についての感想です。今回のお目当てであるお人形さんたち以外は、すべて初めて見たものばかりですし、しかもいろいろ話を聞くにつれて(僕には)当然必要とされるバックグラウンドも欠けているのかなという気もしており、その意味では正当な評価になっていないのかもしれません。
 だから、何も知らずに、初めて見た人間がどう感じたか、という視角からの感想であることを理解した上で読んでいってくださいね。

  Feam
 カラオケと観客の盛り上がりに合わせて一生懸命声を出していた、という感じです。それ以上は、ここでは言えません。
  Survivё
 前に見た人たちと比べると歌になっていたと思うけど、今ひとつセンスを感じないな、と思いました。というのは、一曲目にしっとりした曲を歌ったのですが、これがちっとも心に残らず非常に凡庸。2曲目3曲目ではちゃんと(ファンの人たちが)盛り上がれる曲をもってきているのに、なぜ最初にあの曲を持ってきたのかがよく分からないのです。しっとりした曲を最初に持ってきても、曲や歌っている人に力があれば、充分引き付けることができるはず(自分にはその経験がある)なのに、それができていない、ということです。申し訳ないことですが、ステージ前が大きく盛り上がっているので、尚更頭の中で「?」が並びました。
  Chu!☆Lips
 ステージを見せるということでは初めて見た四つの中では一番安定していたと思います。前の二つと比べると、歌っている曲がキチンと自分たちのものになっていたような印象を受けました。正直言うと、自分の好みにハマるわけではないのですが、それでもステージからはその存在感を感じさせてくれたと思います。また、ステージの流れというか構成も違和感無く、結局最後まで興味が途切れることなく見通すことができたかな、と思いました。
  リトル☆レンズ
 この4つの中では、歌っている曲のタイプが自分の好みに一番近いかなと思います。ただ、曲には少し興味を持つことができたとしても、歌っている人があまりキチンと声が出ていなかったのがちょっと残念ですね。もしかしたら、今回はたまたま・・・だったのかもしれませんが・・・。

 以上が、初めて見た4つの合唱隊の感想です。ちょっときついこと書いちゃったかなとも思いますが、あくまでも何も知らずに初めて見ての感想です。それに、そもそも今回の発表会自体が、自分のような初めての人間を想定したような催しではなかったようにも感じます(って、そんなこと言っちゃっていいのかよ、という気もしますが・・・)。

 これだけ書くと、貶しているだけとも思われかねないので、ほんの少しだけフォロー(?)しておきます。正直言って、見に行く前までは、どれも所詮同じようなものに過ぎないかなとも思っていましたが、実際自分の目で見るとそんなことはありませんでしたね。(当然かもれませんが)よく見ればそれぞれの違いというのは感じることができました。ただ、その即自的な違いが対自的な違いに、つまり自覚的な個性として明確に打ち出すことが出来ているか、しかも初めて見る人に対してそれができるか、ということになると、差が表れているような気もします。
 そんなことも分かって、正直勉強になったな、と思います。

Cutie Paiは、というと・・・

 そして、肝心のお人形さん達のステージについてです。セットリストは、以下の通りです。

  1. Hello! Cutie Pai
  2. ファーブル恋の観察記
  3. Cosmic少女
  4. プラモガ
  5. 小っちゃな翼
  6. Yell~キラキラの魔法にのせて~
 「Cosmic少女」から「プラモガ」、「小っちゃな翼」と最近CDで出した曲を並べて、お人形さん達の現在を象徴した構成とも言えるかな、という感じです。「Cosmic少女」は、その前から歌っているので置いておいても、「プラモガ」「小っちゃな翼」は、今現在のCutiePaiの曲の中では。いろいろな人に知ってもらいたいほどの看板曲、とも言えるのではないかと思います。そういった意味では、無理のないオーソドックスな構成ですね。

 感想については、前編でも喩えを交えて示唆的ではありますが既に語ってはいますが、改めて述べれば、どんな場所であろうと、お人形さんたちが歌って踊るステージから伝わるものはそれほど変わらないな、ということです。伝わるものが変わらないというのは、決して、ステージ上で相も変わらず同じことをしている、ということではありません。むしろ、大切なものは一貫して守りつつも、(いつも言っていることかもしれませんが・・・)それをどう伝えるかについてはステージごとにいろいろと変えているからこその結果なのだ、と思います。今回の構成もそのひとつかな、とも思うし・・・。

 あと、先ほどのところでふれた「個性」という点でいえば、これほど自覚的な「個性」を明確に打ち出すことができているユニットはいないな、と改めて感じました。目の前で繰り広げられているステージは、そこにいる3体のお人形さん達でなければ実現できないものであり、そこで歌われている曲もまさに彼女達自身のものであるし、そういうものがとってもよく伝われるところが、僕がこのお人形さんたちを応援する1つの理由なのだと思います(これも、いつも言っていることかもしれませんが・・・)。

 もちろん、あくまでも僕自身の見方に過ぎないので、人によってはそうは見えないのかもしれないし、同じように評価されるとは限らないとは思いますが、でも僕がそう思っているということは譲れないのです。

貶して持ち上げる、というつもりはないのです~結びに変えて

 ということで、ようやく最後まできました。今回のイベントについて、ブログの記事としてまとめるのは、正直言って難しかったです。
 何となく、今回初めて見た4つの人間の合唱隊を踏み台にして、お人形さん達のことを持ち上げる、という構図になってしまい、そういう気分が全く無いわけではありませんが(…ってわざわざ言うところがバカ正直なんですよね)、別にそれに終始するわけでないので、いかにそのニュアンスを抑えるかというのが非常に苦労しました。
 お人形さんのこと以外は、一切語らないというのが、一番賢い選択肢なのかなと思いましたが、それはそれであまり面白くないし・・・。世の中を見れば、自分の方が少数派だと分かっていますので、せめてブログでぐらいは自由にモノを言わせてもらおうという気持ちで、できるだけ表現に気を使いながら、言いたいことを言わせてもらいました。
 この記事の内容に共感できない人であっても、(必ずしも好きとはいえない)いろいろなものを見ると、自分が本当に好きなものの良さが分かっていくという感覚は、たとえ立場が異なっていたとしても、理解してしただけると思います。立場を変えてみて、そんな感覚から書いた記事だと思って読んでいただければ幸いです。





[執筆:2007年5月30日23:00]





[関連記事は下のリンク(タグ)から探せます]

|

« カタカナ英語だけでネイティブ英語の中に入ると…:今日のお人形さんたちのお歌の発表会によせて(前編) | Main | 煌々と照る月のように凛とした »

Comments

いつもお人形たちのことを
たくさん想ってくれていて
あたしも本当に嬉しいわ。
お礼を言うわね。

情報が並列化されると
個性は一層際立つものだわ。
あなたの文章と同じね。

大事なことは
あなたが好きなことを
あなたが好きなだけ書くこと。
あたしはそれで満足よ。
ふふ。

Posted by: Red Queen | June 01, 2007 at 02:26

こちらの記事にもコメントいただき、ありがとうございます。

情報は並列化されると、個性が一層際立つ・・・、
おっしゃるとおりだと思います。
いろいろな意味やシチュエーションで、そう言えますね。
僕の文章と同じ、というのは、少し気になりますが(^^ゞ、
でもやっぱり嬉しいですヾ(^▽^)ノ。

Red Queenさんのおっしゃるように、
好きなことを好きなだけ書く、
ということで成り立っているのがこのブログでして(^^ゞ、
そんなブログでも、
こんなに暖かい言葉を頂けて、
本当にありがたいと思っています。

そう言えば、
このブログを始めてからのある時に、
とってもささやかではありますが
一つの野望を立てたことがありまして、
気付いたら、最近それが叶っていました。
これも、
ひとえに皆さま(&素敵なお人形さん達?)のおかげです。
ありがとうございます。

そして、これからも、よろしくお願いします。

p.s.お人形さん達の今日のお歌の発表会は、もう始まったのかな?いつものように素敵な魔法が、(遠い空にいる僕みたいな人も含めて)みんなに届くといいいな。

Posted by: tanken2 | June 01, 2007 at 19:05

どーでもいい、といえば、
どーでもいいことなんですけれど…。
前のコメントで書いた「野望」なんですが、
再び確認したら、また未達成の状態になってしまいました(>_<。)。

いい気になってんじゃないよ、
という戒めだと思って、
また地道にマイペースで続けていきます(^^ゞ。

Posted by: tanken2 | June 02, 2007 at 14:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38662/15260768

Listed below are links to weblogs that reference どんな場所で見ても、変わることなく・・・:お人形さんたちの発表会によせて(後編):

« カタカナ英語だけでネイティブ英語の中に入ると…:今日のお人形さんたちのお歌の発表会によせて(前編) | Main | 煌々と照る月のように凛とした »