旅行・地域

May 20, 2007

今週も…

今週も…
 北海道大物産展かぁ…(右側の垂れ幕を御覧アレ!?)。時間があれば覗いてみるかな?

 って、ポイントはそこじゃなくて、今週もやってきました、夢の都TOKYOへ。
 今週は、天使達の音楽会がメインの予定なのですが、他に何をしましょうかねぇ…?

 今日はいい天気になりそうですね。

 とりあえず、朝風呂と朝食です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2007

ココハドコ?

ココハドコ?
 急なオトナのお使いで、この西の都へやってくることになりました。西へ東へと急がしくなりそうな、この週末。こういうことがキライじゃないから、ちっとも苦になりませんけど…。

 ひとまず用事は片づいたので、あとは自由に使える時間デス。あまり余裕はありませんが、色々やりたい事はあります。でも、この日にココに来たからには、是非ともやっておかなければならないことがあります。まずは、そいつからですね。


 それにしても、こちらのJRでもモバイルSuicaが使えるのは、とっても便利ですね。…と言っている自分が、ちっとも使えないToicaエリアの住人であるところが、奇妙なところかも…。


 この写真だとどこだかちっともわかりませんよね。真ん中に小さく見えるお城がヒントのつもりだったのですが・・・。あとは、西の都という言葉かな?  それはともかく、モバイルSuicaは便利だったぁ~。ちなみに地元のToicaは持っていません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2007

旅フェア2007

旅フェア2007
を見に行くために、千葉県の幕張メッセまで行ってきました。

 開場時間が10時だったのですが、気合いを入れて一時間半前にやって来たした。そのおかげで、開場時には、随分人が並んでいたにもかかわらず、待たずに会場に入ることができました。

 このイベント、関東で開催されることが多いのですか、年によっては地方でも開催されます。僕の地元でも開催されたこともあり、それに行ったことがあります。

 内容は、その時と大きくは変わりませんね。ただ、同時に「新じまん市」というのも開催していたせいか、各地の特産品を売っていブースが沢山ありましたね。特に、食べ物関係が多かったです。だったら、もっと色々なことが出来たのに…、とちょっと後悔です。

 もっとも、このイベントのメインは、各地の観光協会のブースでもらえるパンフレットです。ほとんど手ぶらの状態で会場にやって来て、当面関心のある地域のものだけに絞って貰うつもりで、そうしたつもりのはずでしたが、頂いた下呂温泉の大きな手提げ袋(行った人は解るかもしれませんが…)に一杯にパンフレット等が詰まって、大変な思いをして、会場をあとにしたのでした。


Img_1718

 この猫、見覚えありませんか?こちらにも出展されているのですね、でも、着ぐるみさんは、いらっしゃっていないようですね。残念、グッズが販売されていたのですが、今度こそぬいぐるみを買おうと思っていたのですが、自分の買いたいサイズのものは既に売り切れていました。(4月21日:23時追記)


 いろいろいたものを撮ったのでそれを載せておきます。
Img_1705sImg_1706s
Img_1716sImg_1722s


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2007

ひとまず、これでも見ていただいて・・・

0704_2100001

 この日は、関西に日帰り旅。実はこの春3回目です。その前に出かけたことを含めて、詳しいことはいずれ記事にあげるつもりですので、しばらくお待ちを(またこの言葉が増えてきているな・・・(^^ゞ)。

 今回のポイントはこの写真のキャラクター。結構人気のようです。このカワイサで、今日の旅の印象の全てを持っていかれた感じです。
 やっぱり、ぬいぐるみを買って帰ってくればよかったかな?・・・割と近いことだし、また出かけるかもしれませんね(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2007

東京桜めぐり~上野公園、外濠公園、新宿御苑~

 前日の予定のため、この日は東京で朝を迎えました。といっても、別のこの日は特に予定があるわけではありませんでした。だったら、前の日に夜行とかを使って家路につくことの方が多いのですが、もしかしたら、何か自分の興味のあるイベントがあったりするかもしれない、と思って久しぶりに東京で一泊することにしたのでした。
 しかし、結局、この日に特に行きたいイベントがあるわけでもなく、ただ日付が変わるまでに帰るだけになったので、時間まで東京の桜めぐりをすることにしました

 まず訪れたのは、上野公園。宿泊先に近い桜の名所として思いつくのがここだった、という理由もありますが、前日とあるお店でとあるものを忘れてしまったので上野に行かなければならなかった、という理由もあります。忘れ物を取り戻すのに思った以上に時間がかかりました。でも、あれぐらい厳格に持ち主を確認した方が間違いが起こらなくていいのかもと思う・・・と以上独り言)。
0704_006s
 それはともかくとして、実は、上野公園には桜の季節に何度か訪れたことがあります。だから、どこがどんな感じになっているかは大体分かります。とりあえず、最初に不忍池の方へ行きました。まだ、朝が早いからでしょうか、そんなに人は多くありません。でも、ウォーキングをしている人が結構多いのに驚きましたが・・・。池と池との間を通る道が桜並木のトンネルになっていて、いい感じです。
0704_011s
 それから、高台になっている方へ登りました。こちらは、道沿いに宴会の場所取りのブルーシートが敷き詰められています。それぞれの場所に見張りの人と思われる人が時間を潰しています。既に夜が明けているのですが、どこか前日の宴の後を感じさせる雰囲気も感じさせます。どこか裏側を見せられた感じもして、正直ちょっと・・・と思いました。桜はきれいかもしれないけど、どこかごみごみとした感じがします。写真で見ると、これでもかというくらいゴミ箱が並んでいるからかもしれませんが・・・(たまたま、この写真をとった場所だけかもしれないけど)。
0704_024s
 個人的には、不忍池の雰囲気の方が好きですね。宴会をしたいという人には別かもしれませんが・・・

 ということで、上野公園の桜を満喫して、お次の場所へ向かうために、中央線に乗りました。この区間は何度も利用しているので、いつも見る車窓を眺めていたのですが、途中でふと思い立って電車を降りることにしました。それが市ヶ谷駅でした。お堀を対岸に桜の木が並んでいます。そういえば、この辺も桜の名所だったっけ、と思い、ちょっくら見て回ろうと思ったのでした。
0704_030s
 お堀をはさんで線路側の高台の方を外濠公園と言うようですね。市ヶ谷駅から飯田橋駅の方へ戻る形で、歩いて見ました。対岸の外堀通りの桜並木がきれいに見えます。カメラを手にして、桜並木を撮影している人も何人もいました(線路の方にカメラを向けていた人もいましたが・・・)。電車からこんなきれいな風景が見ることができるなんて羨ましいなとも思いましたが、よく考えたら、通勤通学の時間帯に窓の外を眺めることが出来る余裕なんてないほど込み合っているのかもと思い直したりもしました(よく分からないけど・・・)。
0704_050s0704_055s

 そんなわけで、すこし寄り道してから、本来の目的地へ。今回東京の桜めぐりということで、上野公園のほかに行ってみたかったのは、新宿御苑です。新宿に緑あふれる大きな公園があって、春は桜の名所である、ということを聞いて、一度行ってみたいと思っていたのです。
0704_056s  中央線に乗ってやってきたら、千駄ヶ谷駅から降りて行くことができるということで、この駅で降ります。駅のホームには、菜の花が咲いていました。この黄色い花も、僕にとっては、春の訪れを感じさせてくれる花です。この駅から降りると、新宿御苑へは千駄ヶ谷門というところから入ることが出来るはずなのですが、リサーチが足りなかったようで、駅を出て向かう方向を間違ってしまいました。公園の入り口らしきものが全く見つからないまま、公園の右側を時計の反対周りに回ってしまい、たどり着いたのが大木戸門というところ。随分遠回りしたものです(^_^;)。ひっきりなしに人が入っていきます。

0704_059s  料金を支払って中に入りましたが、もの凄く広大なところですね。たくさんの人が訪れていますが、人ごみ溢れるという感じがあまりしないぐらい大きなところです。新宿という都会のど真ん中でこんなところがあるなんて、東京は凄いな、と田舎者っぽいことを思ったりしました。広さが広いだけでなく、植えられている桜の木に関しても、枝振りが非常にボリュームあるものが多くて、見ごたえがありました。どこかの説明書きによると、他の桜並木と異なり、枝の剪定をせずにそのまま成長させている木もあるからのようですね。夢中になって、シャッターを押していました。ということで、その中からいくつかご覧ください(・・・といっても、写真の腕はさっぱりですが)。

0704_087s0704_125s
0704_072s0704_118s
 ところで、予告編の新宿御苑の写真にも移っているのですが、最後の写真の背後の鉛筆みたいなビルって何の建物だったでしょうかね?
 0704_128s0704_115s
 左の写真は、旧御涼亭。この建物から見た景色が右の写真です。  桜以外にも、温室の中の花など見所が満載でした。そして、「花より~」という訳ではありませんが、歩き回って小腹が空いたので、頂いてきました。
0704_0910704_092



 以上、こんな感じで東京の桜めぐりをしてきました。今頃桜かよ、とお思いかもしれませんが、来年の参考にでもなれば・・・って、ならないですよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2007

前の記事を…、 ~「雪の回旋曲」ツアー(14)~

前の記事を
作成してたら、知らないうちに列車が駅に近づいていました。
急いで写真を撮ったら、こんな風になってしまいました。

今度は、来た道を戻ります。



 前の投稿を携帯で打ち込んでいるのに夢中になっていたら、突然、列車がホームに入ってきたのでした。慌てて列車の写真を撮ったら、こんな感じになってしまったのです。


 17時10分入広瀬発の小出行きの列車で来た道を戻ります。列車の中は、只見線目当ての鉄道マニアらしき人が多く座っています(まぁ、自分も変わりないのかもしれないけど・・・)。


 それはともかくとして、もうすぐ日も落ちそうなので、白く広がる雪景色を最後に目に焼き付けるべく、ずっと車窓を眺めることにしました。


0703_13500100703_14700110703_1560012


 ということで、今日の旅のレポートはこれでおしまいです。この後、小出から長岡まで足を延ばしましたが、それはまた別のお話だから内緒(・・・というか、とても書けない)。


0703_200_2 最後に、お土産に買った、柿チョコのセット。柿の種にチョコをコーティングしたミスマッチな一品。柿の種にチョコ、と思うとミスマッチに思うかもしれませんが、そういった先入観を抜きにして、とにかく一口食べてみれば、普通のチョコスナックにしか思えないかもしれません(バクバクと食べていくと、柿の種の外側の醤油の辛さを感じていくかもしれませんが・・・)。一度口にすると、次から次へと手が出て止められない止まらないお菓子です。実は、写真の3袋のセットの他に、道中に一袋を2回買い求めて、それぞれ列車の中で食べてしまったのでした。

 そういえば、地酒も買って帰って・・・、なんて思っていたのですが、忘れてしまいましたね(^_^;)。




追伸

 最初の記事の、リアルタイム投稿で「果たして、今日は1日の間で何個の記事を投稿できるでしょうかね(笑)携帯の電池と電波次第といったところでしょうか。」と書きましたが、投稿数は14回、一日の投稿回数としては最高ですね。山奥に行くので、携帯の電波が届くのかが心配でしたが、全くの杞憂でしたね。むしろ危なかったのは、電池の持ちでしたね。かなりヤバい状態にもなりましたが(只見線に乗り、入広瀬駅に到着する辺り)、以前購入した乾電池4本で充電するやつを使って、何とか急場をしのぎました(^_^;)。

 あと、今回は雪景色を見るということが主目的で、当初は会津地方に行くつもりでした。しかし、いろいろ天気情報を見ると、こちらの方がいいかなと思って、新潟に変えたのでした。そうはいうものの、雪を見る以外にどこか行く場所はないかな、と思っていたところ、思いついたのが温泉で、その温泉選びに非常に参考になったのが、前の記事でも紹介した、「新潟鉄道温泉」さんというブログです。「主に新潟県の鉄道・バスなどで行ける日帰り温泉を中心に紹介してい」るブログで、自分のような旅をしている人間にとっては、非常に役に立ちます。きっと好きでやっていることとは思いますが、その労力には頭が下がります。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

山の天気は移ろいやすくて ~「雪の回旋曲」ツアー(13)~

山の天気は移ろいやすくて
 青空が広がっていると思ったら、突然白いものが吹き降ろされてきます。そして、一面が白い世界に包まれるのです。


冬の山の天気はそういうものだ、とは分かっています。

…でも、僕が建物を出たら雪が吹雪いて、駅に着いたら止むのは、何かの嫌がらせですか?



 いやはや、朝からずっとこの調子です。何か悪いことをしたのでしょうかね・・・全くもぉ~(^_^;)。

 ここでの場合は、歩き始めたときは良かったのですよ。でも、川沿いの道を通り橋を渡ろうと向こう岸を見たら、向こう側は雪が舞っていたのです。自分がいる側は雪が降っていないのに・・・、と思ったその瞬間、自分の回りも白いものが吹き乱れてきたのでした(下の写真を左からご覧ください)。


0703_1180703_1190703_123

 またかよぉ、と思いながら駅まで歩き、駅舎の中に入ると、雪はすっかり止んでしまうのです。こうしたやるせない思いが、この投稿を携帯から打っているときには込められていたのでした。

0703_10300080703_1300009

| | Comments (0) | TrackBack (0)

温泉、温泉!…再び ~「雪の回旋曲」ツアー(12)~

温泉、温泉!
またまた温泉。

しばらく休憩しています。



 駅から歩いて数分の距離なのですが、曲を聴きながら、その世界に浸り、立ち止まったりしていたので、ここに到着したのは歩き始めて10分以上過ぎた後でした。その頃には、写真の通り、雪は止んでしまっていました。到着したこの建物は、「寿和温泉 ドリームタウン」といいます(ブログ「新潟鉄道温泉」さんの紹介は、こちら)。実は、以前ここには来たことがあります。温泉浴場と温水プールがあります。道路を挟んだ別棟に露天風呂もありましたが、休館になってしまっています。露天風呂抜きだと、施設的にはちょっと簡素かなという気もしましたが、お湯につかるという目的

 次に乗る列車の時刻が17時10分なので、時間は充分あります。随分のんびりしていると思われるかもしれませんが、もともと、雪景色に出会うという目的さえ達成できれば、あとは温泉にでも入ってのんびりするつもりなので、これでいいんです。よく考えれば、こうして「田舎の」温泉に入ってのんびりと・・・、という旅も久しぶりでしたね。それはともかくとして、何にもすることがないというわけでもないので、休憩室でのんびりしつつも作業をしていました。

 それにしても、窓の外を見るたびに天気が変わっていきます。この後も、それに悩まされることになるのですが・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

snow rondo ~「雪の回旋曲」ツアー(11)~

 目的の場所まで、駅から歩いて数分。前の記事で、粉雪が舞ってもいいのに、と書いて投稿したら、その直後に白いものが降りてきました。

♪粉雪が舞う頃は
また君に逢いたくなって♪

…と、口ずさんでも、周りには誰一人いなくて、素敵な曲を台無しにしかねない下手くそな歌声も、周りの雪が吸収してくれて、静寂な白い世界が広がっているのです。

それが、今日の旅で求めていたものだったのでした。

この風景は、心の中と素敵なあの曲の中におさめておくことにしました。



 ここの記事の解説はせずにスルーしようかと思ったのですが、それだと結局今回の旅の目的が何だったのか分からなくなりそうなので、一言だけ(と言っても、長くなっちゃうんですけど・・・)。


 今回の旅は、とある雪を舞台にした素敵な曲を聴いて思い浮かんだイメージに合った雪景色を求めて出かけたのでした。一面に広がる雪景色(これは歌詞にはどこにも書かれていなくて、自分が買ってに思い浮かべたものですが・・・)というのは既に出会えていたのですが、「粉雪が舞う」というのが結構難しかったです。湯沢の街を歩いていたときは、雪が「舞う」というどころか、降り付けるといった方がいいくらい激しかったので、あまりこの曲のイメージには合わなかったし・・・。

 まぁ、一体何をやってんだか・・・、という感じですよね。別にいいジャン、好きでやってんだし、誰にも迷惑をかけている訳じゃないし(・・・と思うけど・・・)・・・、そう思うのですが・・・。分かってくれなくてもいいです。だから、そっとしておいてください。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここで降りたら ~「雪の回旋曲」ツアー(10)~

ここで降りたら
 空を舞っていた雪は止んで、太陽の光も射し込んでいました。そうなると、少しの粉雪くらい舞っていてもいいんだけどな、と贅沢なことを思ってしまいます。



 只見線の列車に揺られて、30分ちょっとで目的の駅、入広瀬駅に到着です(13時52分)。旧入広瀬村で、市町村合併で魚沼市となったようです。


 列車を降りたら、雲の間から青空が覗いていていました。


0703_09900060703_1010007

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧